スポンサードリンク


菊芋茶


菊芋の成分はビタミンB1、B2などのビタミンとマグネシウムやミネラル、そして天然のインシュリンといわれているイヌリンが含まれています。

このイヌリンは糖分の仲間ではありますが、血糖値の上昇を抑えて、糖尿病の予防に良いと言われています。

菊芋茶はこの菊芋の成分をそのままいかしたお茶です。

現代の生活では、どうしても多くの糖分を摂取してしまいがちです。

外食や、コンビニエンスストアで買うパンなんかも大量の糖分や脂質が入っていますし、清涼飲料水や缶コーヒーなんかは糖分の塊と言ってもいいほどです。

現代の食生活で、糖分や脂肪分を抑えていくのは非常に難しいことになっています。

ですので糖尿病にならないために相当気をつけなければいけません。

菊芋茶は血糖値を下げ、糖尿病、高血圧症などによいということで、注目されているお茶です。

菊芋茶は菊芋を濃縮しているので1日に1、2杯飲むだけで十分です。

ただ、糖の吸収を抑える効果があるので、食間ではなく食事中に食事と一緒に飲んだ方が良いです。

これにより、糖尿病だけではなく、ダイエットの効果も期待できます。

又、味が苦手な人は普段飲んでいるグリーンティーや玄米茶などとブレンドして飲むと非常に飲みやすくなります。
タグ:菊芋
| おすすめ菊芋の食べ方
スポンサードリンク

値幅指定機能を付けた注文
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。