スポンサードリンク


菊芋の栽培方法


菊芋を栽培する場合、植えつけはだいたい3月から4月くらいに行います。

芽が出てからは天候に関係なくすごい勢いで背丈が伸びていきます。

8月くらいには1メートルくらいになり、葉も茂ります。

そして、菊芋は9月から10月くらいにかけて黄色い花を咲かせます。

この花が落ち、地上部が枯れてきたらいよいよ収穫の時期になります。

地域や気候によっても変わりますが、11月末ぐらいから12月くらいが収穫始めになるようです。

収穫時期は比較的に長く、3月、4月くらいまで収穫が出来ます。


菊芋を栽培するうえでの注意すること。

キクイモは背丈が高くなるので、支柱などを立ててヒモなどで縛って、風が吹いても倒れないようにする。

植えつける時も、出来るだけ風が強く吹き付ける場所は避けて植えるようにする。

背が高くなるため、屋根などがないところで栽培する。

土中10センチから20センチで株の間は30センチ以上は離す。

プランターで栽培する場合も、深さが30センチ以上ある容器を用いて、株間は20センチから30センチくらいあけるようにする。

背が大きくなるため、プランター栽培の場合は水分がかなり必要なので、梅雨が明けてからは朝夕1日2回水をあげるようにする。
タグ:菊芋 栽培
| 体に良い菊芋の栽培・収穫について
スポンサードリンク

値幅指定機能を付けた注文
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。