スポンサードリンク


菊芋チップス


菊芋チップスはパリパリとおいしく健康にも良いチップスです。

作り方は、歯ブラシなどを使いキレイに洗った菊芋をスライサーなどでスライスしていきます。

スライスしたキクイモはアク抜きの為に、すこし水につけておきます。

水気を完全に拭き取ったら、190度で温めた油で12分程度揚げます。

全体的に色がうすい茶色になったら油から揚げて、自分好みに塩などをふって味を調節し完成です。

キクイモはでんぷんを含まず、カロリー自体もじゃがいもの半分なので、ダイエットをしている人でも食べられるチップスです。

さらに、油を使わずにチップスを作ることが出来ます。

こちらであれば、これ以上のダイエット効果も期待できます。

作り方は、油を使う場合と同じくスライスしたキクイモを水にさらし、完全に水気を切ります。

その後は、オーブンシートを敷いた耐熱皿のうえにキクイモを並べて、600ワットで加熱します。

ときどき裏返しなどをして7分から10分加熱すれば完成です。

こちらも塩などで味を調整します。

菊芋は、その成分であるイヌリンに血糖値の上昇を抑える効果や、腸内環境を整備して善玉菌を増やし、便秘などの改善する効果などがありとっても健康的な食べ物です。

チップスにすればパリパリの食感でおやつ代わりに食べられます。
| おすすめ菊芋の食べ方

菊芋茶


菊芋の成分はビタミンB1、B2などのビタミンとマグネシウムやミネラル、そして天然のインシュリンといわれているイヌリンが含まれています。

このイヌリンは糖分の仲間ではありますが、血糖値の上昇を抑えて、糖尿病の予防に良いと言われています。

菊芋茶はこの菊芋の成分をそのままいかしたお茶です。

現代の生活では、どうしても多くの糖分を摂取してしまいがちです。

外食や、コンビニエンスストアで買うパンなんかも大量の糖分や脂質が入っていますし、清涼飲料水や缶コーヒーなんかは糖分の塊と言ってもいいほどです。

現代の食生活で、糖分や脂肪分を抑えていくのは非常に難しいことになっています。

ですので糖尿病にならないために相当気をつけなければいけません。

菊芋茶は血糖値を下げ、糖尿病、高血圧症などによいということで、注目されているお茶です。

菊芋茶は菊芋を濃縮しているので1日に1、2杯飲むだけで十分です。

ただ、糖の吸収を抑える効果があるので、食間ではなく食事中に食事と一緒に飲んだ方が良いです。

これにより、糖尿病だけではなく、ダイエットの効果も期待できます。

又、味が苦手な人は普段飲んでいるグリーンティーや玄米茶などとブレンドして飲むと非常に飲みやすくなります。
タグ:菊芋
| おすすめ菊芋の食べ方

菊芋の漬物


菊芋の代表的な料理の1つとして漬物があります。

サクサク、ポリポリと食べられるのでキクイモの料理の中でもとても人気があります。

キクイモの漬物の中でも定番と言われるものが味噌漬けです。

味噌漬けの作り方は、ボールに味噌と調味料を合わせておきます。

菊芋はアクがあるので、水洗いをしていきます。

それでもアクが気になるようであれば、数時間水に浸しておいても良いと思います。

アクをとった後、水分を拭き取ったキクイモをスライサーなどでスライスしていき、味噌と良く混ぜ合わせます。

この時、キクイモの皮は剥かずに混ぜ合わせます。

良く混ぜ合わせたら、ふたが出来る容器に入れ、冷蔵庫で保管します。

2、3日たつと味噌の表面がキクイモの水分で水っぽくなるので、良くかき混ぜてください。

これを繰り返して、浅漬けなら1週間くらいで食べられます。

その他の有名な漬物としては、甘酢漬けなどがあります。

こちらも味噌漬けと同様にキクイモをアク抜きし、スライサーなどでスライスしていきます。

塩、酢、砂糖などで甘酢を作り、スライスしたキクイモと共に密封出来る袋に入れます。

袋内の空気がしっかり抜けている状態で1日もすれば、食べられるようになります。
| おすすめ菊芋の食べ方

菊芋のレシピ


菊芋きんぴらレシピ
手順
1皮の付いたままきれいに洗って、短冊に切り水にさらします。
2人参も同じくらいの大きさき切り、豚肉も同じくらいの長さに切ります。
3ピーマンも種をとって細く切ります。
4鍋にサラダ油を入れて豚肉、菊芋、人参を炒めます。
5調味料を入れて味を調え、ピーマンを入れ完成です。

酢の物レシピ
1キクイモを洗ってからふと目に千切りにし、水に入れてアクをとります。
2乾燥わかめを戻します。
3キクイモとわかめの水けをとります。
4みかんの缶詰を汁ごと入れ、酢、砂糖、ほんだしで味を調節すれば完成。

菊芋チップスレシピ
1皮をむいた菊芋をスライサーなどで薄く切ります。
2キッチンペーパーなどで十分に水気を取ります。
3カリッとするまで油で揚げる。(温度は190度くらい)
4塩をまぶし完成

菊芋のポタージュレシピ
1キクイモ、ジャガイモをざく切りにし、玉ねぎを薄く切ります。
2鍋にキクイモ、ジャガイモ、玉ねぎ、水を入れ火をかけます。
3沸騰したら弱火にして、コンソメを入れ煮込みます。
4ジャガイモが柔らかくなったら火を止め、一度冷やします。
5冷めたらミキサーにかけて滑らかにしていきます。
6滑らかになったものを再度火にかけ塩などで味を調えて完成です。
タグ:菊芋 レシピ
| おすすめ菊芋の食べ方

菊芋の食べ方


菊芋の食べ方の一般的なものとしては、漬物・サラダ・きんぴら・煮物などがあります。

東北地方などでは、皮をむかずにそのまま食べることもあるそうです。

これは、皮にも栄養成分が含まれているからなのですが、アクに弱い方は口の中が荒れることもあるので、皮をむいて洗ってから食べたほうが良いと思います。

キクイモは皮をむいて水洗いし、料理にあわせてスライスなどをして、そのあとでまた水洗いをするとだいぶアクが無くなります。

それでもアクが気になるようでしたら、数時間水につけておいてもいいと思います。

しかし、あまり長い時間水につけすぎても良くないので、どのくらいのアクでいいかを、自分で調整してください。

キクイモを洗うときは、歯ブラシなどを使用すると細かい隙間までキレイに洗うことが出来ます。

食べ方としてはこれを生でサラダやマリネなんかで食べれば、シャキシャキとした歯ごたえを味わえます。

又、お酢やアルコールにキクイモの成分は弱いのでこれらと和えるときは、出来るだけ食べる直前のほうがいいです。

煮込む場合は、成分の多くが煮汁に流れ出ているので、スープまで飲むと十分な栄養が取れます。

キクイモにはいろいろな食べ方があるので、レシピなどを参考に作ってみるといいかもしれません。
タグ:菊芋 食べ方
| おすすめ菊芋の食べ方
スポンサードリンク

値幅指定機能を付けた注文
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。