スポンサードリンク


糖尿病と菊芋


糖尿病の患者数は、日本で約740万人いると言われています。

特に40歳以上では10人に1人が糖尿病にかかっていると言われます。

そんな糖尿病の予防に菊芋は効果を発揮すると言われています。

菊芋にはイヌリンというオリゴ糖の一種の成分が含まれています。

このイヌリンは天然のインシュリンと言われ、人間の酵素では消化吸収できない糖質で、一緒に摂取した他の糖の吸収も抑える働きがあります。

さらにこのイヌリンは腸内でゲル状になり、腸内にある糖質も体の外に運び出してくれます。

これによってインシュリンの分泌がすくなくなり、脾臓の負担を減らすことが出来ます。

このような血糖値やヘモグロビンを下げる働きで、菊芋に含まれるイヌリンは糖尿病を予防することが出来ます。

もちろん、糖尿病を治すことはできませんが、予防と血糖値が上がりずらいと言う点では菊芋は効果があると言っていいとおもいます。

菊芋は、このほかにも効果がたくさんあり、高血圧、高脂血症などの改善であったり、便秘の改善なんかにも効果を発揮します。

又、糖質の吸収がすくないので、ダイエットにも用いられることが多く、菊芋は糖尿病の予防だけでなくダイエット食品としての側面も持っています。
タグ:菊芋 糖尿病
| いろいろな菊芋の効能

菊芋の効能


菊芋の効能は、成分の60%をしめるといわれているイヌリンという食物繊維にあります。

もともと菊芋は北アメリカ北部から北東部が原産地で、日本には江戸時代末期に飼料用作物として伝来しました。

菊芋という名前は、菊に似た花をつけると言うところからきています。

菊芋は他の種類の芋とは異なり、デンプンがほとんど含まれていません。

菊芋の主成分は多糖類イヌリンとといわれる食物繊維になります。

これがキクイモの効能成分になります。

イヌリンは天然のオリゴ糖の一種で、砂糖や他の炭水化物と比較して3分の1から4分の1程度のエネルギーしか含まず、脂肪と比べて6分の1から9分の1程度のエネルギーしか含まれません。

又、イヌリンの糖質は人間の酵素では消化吸収できないものなので、ブドウ糖の生成が抑えられ肝臓への負担を減らすことができます。

さらにインシュリンの分泌量を低下させ、血糖値の上昇を抑える効果もがあります。

このことから高血圧、高脂血症などの改善などに用いられることも多く、又インシュリンダイエットであったり、糖尿病の予防にも用いられます。

その他の効能としては、腸内環境を整備して善玉菌を増やし、便秘などの改善にも良いと言われています。
| いろいろな菊芋の効能
スポンサードリンク

値幅指定機能を付けた注文
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。