スポンサードリンク


菊芋の栽培方法


菊芋を栽培する場合、植えつけはだいたい3月から4月くらいに行います。

芽が出てからは天候に関係なくすごい勢いで背丈が伸びていきます。

8月くらいには1メートルくらいになり、葉も茂ります。

そして、菊芋は9月から10月くらいにかけて黄色い花を咲かせます。

この花が落ち、地上部が枯れてきたらいよいよ収穫の時期になります。

地域や気候によっても変わりますが、11月末ぐらいから12月くらいが収穫始めになるようです。

収穫時期は比較的に長く、3月、4月くらいまで収穫が出来ます。


菊芋を栽培するうえでの注意すること。

キクイモは背丈が高くなるので、支柱などを立ててヒモなどで縛って、風が吹いても倒れないようにする。

植えつける時も、出来るだけ風が強く吹き付ける場所は避けて植えるようにする。

背が高くなるため、屋根などがないところで栽培する。

土中10センチから20センチで株の間は30センチ以上は離す。

プランターで栽培する場合も、深さが30センチ以上ある容器を用いて、株間は20センチから30センチくらいあけるようにする。

背が大きくなるため、プランター栽培の場合は水分がかなり必要なので、梅雨が明けてからは朝夕1日2回水をあげるようにする。
タグ:菊芋 栽培
| 体に良い菊芋の栽培・収穫について

菊芋の保存方法


菊芋の保存方法は土の中が一番と言われています。

土の中にいれておくと収穫した時と変わらない状態で保存が出来ます。

その為、必要以上に収穫しないで、食べる分だけ収穫するのが一番の保存方法となります。

その他の方法でキクイモを保存したい場合は、高い湿度で0.5度から1度くらいの温度に保たれた環境で保存した方が良いです。

常温で保存すると、腐ってしまったり、干からびてしまったりします。

菊芋は硬い状態がベストです。

鮮度が落ちて、乾燥してくるとしなびたように柔らかくなってきます。

夏を越して保存するときは、冷凍保存してください。

この時期に土の中に埋めてしまうと芽が出てしまうので注意してください。

地域や気候によっても変わりますが、菊芋の植えつけの時期は3月から5月上旬、収穫の時期は11月下旬から4月くらいまでといわれています。

又、生ではなく乾燥させて保存する方法もあります。

乾燥させて保存する場合は、丸ごとではなく、皮をむいてスライサーなどでスライスしたものを水ですすぎ、ざるなどに入れて天日干しします。

完全に乾燥するのを待って、保存してください。

乾燥したキクイモは、水で戻して漬物などにして食べることが出来ます。
タグ:菊芋 保存
| 体に良い菊芋の栽培・収穫について

菊芋の収穫時期


菊芋の収穫時期は11月頃から始まります。

菊芋は9月から10月くらいにかけて黄色い花を咲かせます。

収穫時期はその花が咲き終わり、茎が枯れ、地中の塊茎が出来てからになります。

地方や気候によっても異なりますが、だいたい11月末くらいから12月くらいにかけて収穫が始められます。

3月、4月くらいまでの長い期間収穫はできますが、雪の降る地域などの収穫は11月頃か春になってしまうようです。

しかし11月に収穫しても、冬越しは土の中で保存することが望ましいので、その時に必要ではない分は春になってからの収穫でも良いと思います。

又、植えつけの時期は3月から5月上旬が良いとされています。

湿気には弱いですが、乾燥に強く生命力も強いので、日光さえあたっていればどんどん大きくなっていきます。

ほっておくと2、3メートルぐらいの大きさまで育つので、植える場所には注意してください。

プランターで栽培する場合は、深さが30センチ以上ある容器を用いて、株間は20センチから30センチくらいにするのが良いと思います。

菊芋は生命力がとても強く、その周囲では他の植物が成長できなくなるくらい地中の養分を吸収しているので、収穫時期も長く、栄養もたくさんあります。
タグ:菊芋 収穫
| 体に良い菊芋の栽培・収穫について
スポンサードリンク

値幅指定機能を付けた注文
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。